初盆

亡くなった人が初めて迎えるお盆


忌明け(七七日忌)後初めて迎えるお盆は『初盆(はつぼん)』または『新盆(にいぼん)』と言われ、故人の霊を供養ために『施餓鬼(せがき)法要』『盆義理(ぼんぎり)』などが行われます。


遠州地方のお盆の期間は、新盆(7月13日~15日)の地域と、旧盆(8月13日~15日)と分かれています。
どちらで行うかは、地域・お寺によっても異なりますので確認をしましょう。


盆供に金額を多く下さった方や、篭盛・供花をして頂いた場合などは、お葬式の香典返礼品と同じように『後返し』をします。
返礼の品には、初盆のお礼状を添えて送ります。

 施餓鬼ってなんですか?

 初盆では内施餓鬼を行います。

『内施餓鬼(うちせがき)』とは僧侶を自宅に招いて行われる初盆の法要のことを言います。お盆に行われることが多いものですが、早めに行われることもよくあります。
ご先祖様の供養をするとともに、すべての亡くなられた命を供養するという意味合いもあります。日時が決定したら、参列をしてほしい近親者に電話やハガキで通知を出します。
当日は、僧侶の読経の後にお焼香をします。その後は自宅または、食事会場で会食を行います。会食後には、お礼の言葉を添えて引出物をお渡しします。『寺施餓鬼(てらせがき)』は初盆の家庭だけでなく、檀家全体がお寺に集まって行われる先祖供養の法要です。

 盆義理とはなんですか?

 初盆では、故人を偲ぶために、大勢の方が焼香に見え『盆供』をお供えして下さいます。

遠州地方では、これを『盆義理(ぼんぎり)』といいます。『盆義理』にお参り下さった方には『盆供返礼品』として挨拶状を添えて返礼品をお渡しします。返礼品に缶のお茶やジュースなどをつける方もいます。
『盆供返礼品』は500円程度の実用品が使われます。これは『盆供』が1000円の方が多いからです。また、『盆義理』はお参りくださる方の人数をあらかじめ、読むのが難しいため返品出来るものを選ばれる方が多いです。

 祭壇はどうすればいい?

 特にきらびやかな大きい祭壇を用意する必要はないでしょう。

宗派・考え方にもよりますが、2万円くらいからの祭壇で十分でしょう。最近では、葬儀の時に使用した後飾り祭壇を利用する方もいます。用意する仏具は、・2段か3段の棚(階段状になっている物)又は台 ・白い布 ・香炉 ・線香立て ・蝋燭立て ・花立て ・鈴(リン) ・鈴棒(鈴を叩く物) ・座布団 などです。兄弟・親族・友人などで、初盆の家庭に篭盛・盆提灯・花をお供えします。

 神式の初盆はどうする?

 神式でも新盆祭として行います。

仏教の盂蘭盆という言葉から「お盆は仏教から始まった」と考えがちですが、仏教と神道のどちらにも当てはまる先祖供養の文化だといえます。
仏式における初盆・新盆を神式では『新盆祭・新御霊祭(あらみたままつり)』と呼びます。神式の家庭で初盆行事を行う場合は、仏式の内施餓鬼にあたる法事『精霊祭』が主になります。
精霊祭では五十日祭などの法事と同じように、神官を招いて祭詞を奏上してもらい、列席者が玉串を奉奠します。その後、自宅やお食事処で会食をし、最後にお礼の言葉とともに引出物をお渡しします。
また、神式の家庭でも『盆義理』は、行われますので『盆供返礼品』を用意しましょう。

PAGE TOP