引っ越しの挨拶


引っ越し先への挨拶は早い段階でしておきたいものです。
今まで住んでいた家と新居の近所、両方にご挨拶することが望ましいです。


引っ越し先の挨拶には家族で出向くのが理想的です。小さい子供がいる場合は「お騒がせするかもしれませんが」とあらかじめ申し出ておけば、その後のお付き合いもスムーズになります。


ご近所付き合いは引っ越しの挨拶からです。
また、挨拶は 防犯や災害時にどこにどんな人がいると分かるので役立ちますよ。

 ご挨拶のタイミングは?

 引っ越し3日前くらいががよいでしょう。

引っ越し時には何かと迷惑をかけがちです。もし、会えなかった場合でも当日~1週間くらいまでには済ませます。一般的ですが、暗くならないうちに、食事時は避けてお伺いしましょう。

 挨拶の範囲はどこまで?

 向こう三軒、両隣りです。

基本的には道を挟んで正面の3軒と両隣です。家の裏にも忘れずに挨拶しておきましょう。集合住宅の場合、上下の階と両隣りです。貸主さん、管理人さんがいる場合は忘れずに挨拶します。その時には、ゴミ出しや自治会のこと、独自のルールなどないか聞いておくと安心です。

 ご挨拶の熨斗は?

 紅白の蝶結びです。

熨斗(のし)紙は紅白の蝶結びを使用します。表書きは“ご挨拶”が一般的です。覚えていただけるように名前を入れるといいでしょう。旧居での挨拶は、表書きは“御礼”が一般的ですが、“ご挨拶”でも間違いではありません。

 どんな品物がいいですか?

 タオルや洗剤が人気です。

セレサでは、よく使われるのはタオルです。今治タオルが最近、人気があります。価格は400円~1000円程度です。昔は引っ越しそばという文化がありましたが、最近ではそれに代わり、お菓子ギフトがよくつかわれます。ただし、よく知らない方からの食品はNGな方が増えています。

PAGE TOP